ウェポンスキル召喚獣の履行青魔法の連携属性一覧および検索エンジン、連携属性相関図などがまとめてあります。
検索エンジンにて手っ取り早く連携を検索するのもいいけど、どうせならこの機会に連携のことを知り尽くして、「連携はどうしましょうか?」と聞かれたときにでもすぐに答えられるようになろう!
後衛ジョブでもアドリブ連携に合わせてマジックバーストするなど、覚えておいて決して損はありませんよ!

ウェポンスキルの属性および連携検索エンジン

使用する武器を入力すると、連携を計算して表示します。
設定した武器によっては、処理にかかる時間が長くなることがあります。その間にボタンのクリック連打などをしないようにしてください。
利用にはJavaScriptを有効にする必要があります。

連携検索したい武器を2つ以上選択してください


ウェポンスキルの連携属性相関図および一覧表

難しいように見えるWS連携も、そのメカニズムさえ知ってしまえば至極簡単!
連携博士を目指そう!
[ 連携属性相関図およびウェポンスキル属性表の見かた ]

連携属性相関図

連携属性相関図

ウェポンスキル一覧表



召喚獣の履行一覧(連携属性を持っているもののみ)



青魔法(連携属性を持っているもののみ)



連携属性相関図およびウェポンスキル属性表の見かた

ファストブレード → バーニングブレード

ファストブレードの属性は(切断)、バーニングブレードの属性は(溶解)。
相関図では切断から溶解に向けて矢印があるので、この2つは(溶解)として連携する。

ガストスラッシュ → バーニングブレード

ガストスラッシュの属性は(炸裂)、バーニングブレードの属性は(溶解)。
相関図では炸裂から溶解に向けての矢印が存在しないので、この2つは連携しない。

ダブルスラスト → ファストブレード

ダブルスラストの属性は(貫通)、ファストブレードの属性は(切断)。
相関図では貫通から切断に向けての矢印はない。だが切断と同じ色の矢印が湾曲に伸びているので、この2つはLv2の(湾曲)として連携する。

フレイミングアロー → シュトルムヴィント

フレイミングアローの属性は①(溶解)②(貫通)、シュトルムヴィントの属性は③(振動)④(切断)。 属性を複数持つWSに対しては、以下のような順番で連携の判定が行われる。

1.①→③を判定
2.①→④を判定
3.②→③を判定
4.②→④を判定

相関図の①溶解から③振動には矢印がないので、1つ目の判定は連携しない。
相関図の①溶解から④切断には矢印があるので、2つ目の判定で(切断)として連携する。
尚②→③および②→④も連携の条件を満たすが、あくまで先に成立した方が優先される。

乱撃→レッドロータス → ペンタスラスト

レッドロータス(溶解)(炸裂)→ペンタスラスト(収縮)の2連なら、(重力)として連携する。
ただしその前に乱撃(衝撃)から始めると、レッドロータス時には溶解のみの属性になってしまう。
よってその後にペンタスラストを撃っても重力連携は成り立たなくなってしまう。

空鳴拳→ダンシングエッジ → スウィフトブレード

空鳴拳→ダンシングエッジで属性は(湾曲)、スウィフトブレードの属性は(重力)。
よってLv3の(闇)として連携する。